兵庫県クリーニング生活衛生同業組合から兵庫県へ新型コロナウイルス対策のお礼 ~井戸敏三知事を訪問~

【当組合中村悦次は右から3人目:兵庫県庁応接室にて】

兵庫県クリーニング生活衛生同業組合は国が定める「生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律」に基づき、兵庫県内のクリーニング営業者で結成された法的組織。

2020(令和2)年9月9日(水)11時30分、上記組合理事長の中村悦次と副理事長の織田哲、専務理事の太白守貞は、新型コロナウイルス対策のため行政が行った企業活動支援への感謝を伝えるため兵庫県庁を訪問。
井戸知事に直接、組合を代表し謝意を伝え、感謝状及び記念品を贈呈した。

(挨拶全文)
本日はご多忙にも関わらず貴重なお時間をおさきいただき、誠にありがとうございます。
そして現在もまさに新型コロナウイルス対策に全力で取り組んでいただいていることに対して、心より感謝申し上げます。
令和2年は新型コロナウイルスの感染拡大により、日本のみならず世界が未曾有の危機に直面しております。
緊急事態宣言が実施された4月、5月は1年のうちで最も皆様にクリーニングをご利用いただく時期であり、我々クリーニング業界も大きな打撃を受けました。
県民が健康や仕事に不安を募らせている中、「うつらない・うつさない」の強い言葉とともに感染防止医療体制を維持し、適切な対応で私たちの命と生活を守っていただいたことは組合員と、そこで働く従業員にとって大変ありがたく、先に歩み続ける勇気をいただきました。組合員を代表し、改めて心より御礼申し上げます。
現在も余談を許さない状況であることに変わりはなく、我々組合員も店舗での感染拡大防止対策を徹底し、ウィズコロナとして新たなクリーニングの販路を模索してまいります。
この世界的な危機的状況は官民一体となることで乗り越えていけると固く信じておりますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

(感謝状の文面)
貴殿は新型コロナウイルス感染症発生に際し
「うつらない・うつさない」の強い言葉と共に
独自に兵庫県新型コロナ追跡システムを構築し
感染防止医療体制の維持のための方針を掲げ
安全安心な消費生活の実現に向けて取り組んでいただきました
企業に対しても多岐に渡る支援策を講じ
我々の生活衛生関係営業の維持にも寄与されました
よってここに記念品を贈り深く感謝の意を表します

以上