「クリーニング学校」の動画配信について

いつもお世話になっております。

さて、3月29日に開催いたしました「クリーニング学校」ですが、新型コロナウイルスの影響により、当日ご参加いただけなかった方々にもご覧いただけるよう、下記日程にて動画配信を行います。(レジュメPDFは組合員専用ページにてダウンロードいただけます。)

ご興味のある方は、動画配信期間内にご覧下さい。

データ通信料が多いため、基本的にはWi-Fiに接続した状態で、ご覧下さい。

  • 動画配信期間:2020330日(月)~202045日(日)

動画配信は終了いたしました。

◆講義内容

  • 第1講「消費税のインボイス制度と、中小企業が知っておくべき働き方改革について」
    講師:荻田 員成 (SWALLOW JAPAN 代表)
    昨年、消費税が8%から10%に引き上げられましたが、実は中小事業者にさらなる衝撃を与えかねない「消費税のインボイス制度」が2023年10月より段階的に始まる予定です。
    この制度がどのように中小事業者に影響を与えるのかを分かりやすく解説いたします。
    さらに2020年4月より中小企業にも義務化、罰則規定が運用開始される「働き方改革」の注意点とポイントも解説いたします。
  • 第2講「クレームに泣かされないために知っておきたいことと、長期放置品対策」
    講師:西山 誠 (PROCS-LAB 代表)
    クリーニング現場で発生する様々な事故品。
    多くの場合、我々クリーニング業者が理不尽な思いをしながら泣く泣く弁償しているのではないでしょうか?
    しかし、過去の統計からクリーニング事故の2/3は、製品の問題、消費者の取扱い上の問題であり、貴社のせいではないのです。
    今回は、知っておくだけで弁償しなくてもよいばかりではなく、消費者からの信頼も失わない、あるいは事故を起こさないためにどうすればよいのか?という大切な情報をお話し致します。
    また、4月1日より改正民法が施行されますが、それに伴い我々の店舗にある大量の長期放置品を処分しやすくなります。
    今後の放置品対策も含め、どのようにすればよいのか?具体的にお話し致します。